だから、ぼくは娘たちに、「お父さんの期待しているもの」を教えるつもりはありません。「よくできました」とほめることもないでしょう。ただ、娘たちが嬉しそうに笑っていたら、気持ちよくびっくりしてやって、一緒に喜んでやりたいな、と思うのです。
— 「うちのパパが言うことには」 重松 清
あなたの手帳には、公私ともども、さまざまなイベントや行事が記されているだろう。でも、もしかしたら、一番大切なものはスケジュール表に書くことのできない、平凡な日々の一瞬一瞬にひそんでいるのかもしれない。
— 「うちのパパが言うことには」 重松 清
おとなも子どもも、「育つ」側も「育てる」側も、みんな「生まれて初めて」の日々を生きている。おとなは自分自身の「育つ」を終えてから子どもを「育てる」ことを始めるのではない。おとなだって、育てながら育っている。人生の長い道のりの途上にいることは、おとなも子どもも同じなのだ。
— 「うちのパパが言うことには」 重松 清
新聞を開けたらそこにクロスワードパズルがあったというのと同じですね。
Firefox 3のリリースが2008年6月頃になると発表されました。Firefox 3より,JavaScript 1.8に対応され,より洗練されたJavaScriptを利用することができます。また,高速化されたJavaScriptの処理により,あなたのJavaScriptによる開発を手助けしてくれることでしょう。
非オタは『メイド喫茶』に興味があるようです
 私「で、メイド喫茶に来てみてどうだった?」
非「う~ん。思ったより普通だな。俺ネットに詳しいから職場の人からよく聞かれるんだよ。」
 私「ネットに詳しい? お前がか!?」
非「いや、本当に周りの奴らはネットとかやらないんだって。だから俺が一番詳しいくらいで。」
 私「マジか?」
非「で、そういう奴らは結構メイド喫茶に興味シンシンなんだよ。メイド喫茶に行ってきたと言ったら、絶対つれてけって言われる。でも、困ったな…。」
 私「ん?どうした。」
非「多分、あいつらのメイド喫茶に対する妄想がすごいことになってると思うんだ。」
 私「妄想?」
非「まずドアを開いたら大勢のメイドさんが「お帰りなさいませご主人様」とで迎えてくれる。」
 私「無かったな。」
非「そしてメイドさんとおしゃべりしながらお茶を飲む。」
 私「オーダー聞いただけだったな。」
非「オムライスにケチャップで絵を描いてくれる。」
 私「オムライス無かったな。」(…どうでもいいがお前、詳しいなw)
非「それにホラ、ミニスカートとニーソックスのアレが無いだろ?」
 私「…『絶対領域』ね。」
非「そうそう!それそれ!! ここのメイド喫茶スカートの丈が長いじゃないか!」
 私「長いじゃないか!とか言われてもなぁ…。むしろアキバ界隈のミニスカメイドのほうが異端だと思うんだが。」
非「う~ん、なんていうか、良くも悪くも学園祭っぽい雰囲気だな。…多分つれて来たらみんなガッカリする。まず誤解を解くところからはじめないと。」
 私「はははw」
人が世界と関わる二つの方法である認知と行為とはどのようなものか。そのわかりやすい例が人工知能の「フレーム問題」だろう。人工知能にチェスのような「閉じた」ゲームを遂行させれば、計算によって最適解を求めながら遂行するだろう。しかしたとえば有名なダニエル・デネットの「フレーム問題の寓話」のような「開放系」の状況では、その過程で起こる場面(フレーム)が無限に考えられるために、計算を収束させることができず、フリーズしてしまう。これを「フレーム問題」という。